大人の遊戯王思考

社会人決闘者・早河が思考した遊戯王の話。あとその他。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --/--/-- --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | EDIT

生まれて3年、、遂にキタか!【フォーチュンレディ】完成版

A4559_Z1.jpg


【フォーチュンレディ】について今回は紹介しましょう。


フォーチュンレディとは

【共通効果】
・自ターンのスタンバイフェイズに☆が1つ上昇する
自分の☆によって攻守が決定する永続効果

【特徴】
・☆1~6までの6属性魔法使い6体が存在するカテゴリー
・☆1のライティを起点に他のモンスターを展開するのがセオリー
・同時に登場したフューチャー・ヴィジョンのせいか自然と次元が絡む
・数年前に【フォーチュンワンフー】を従えてメタメタしていた早河を知るのは稔君のみ


最新弾で登場していたネクロの魔導書はフォーチュンレディ(メンドイので以後はFL)と
非常に高いシナジー力を持っている。

A26304_Z1_convert_20120628020925.jpg
《ネクロの魔導書》
 装備魔法
墓地の魔法使い族をゲームから除外し、手札の魔導書1枚を公開して発動。
墓地の魔法使い族を攻撃表示で特殊召喚し、このカードを装備。
また、装備モンスターの☆は、コストで除外した魔法使い族の☆だけ上がる。
※「ネクロの魔導書」は1ターンに1枚しか発動できない。


色々能力が含まれているので分解してよくよく見てみましょう。

<コスト>
墓地の魔法使い族Aをゲームから除外
②手札の魔導書を相手に見せる

<効果>
墓地の魔法使い族Bを攻撃表示で特殊召喚→このカードを装備
魔法使い族Bの☆ = 元々の☆ + 魔法使い族Aの☆ になる

<制約>
⑤「ネクロの魔導書」は1ターンに1度まで発動可


余談だが、このカードにはこの手の装備カードには珍しく
「このカードが破壊された時、装備モンスターを破壊する。」
の一文がない。

つまり、一度蘇生してしまえば大嵐等で装備が外れてしまっても
蘇生モンスターを再び墓地に送る必要はない。
※その場合は効果④の☆上昇効果は消える。


それはさておき、このカードにはFLに嬉しい効果が複数個ある。

まずはコスト①の除外コスト。
これは次元を少しかじっているFLにとってとても都合が良い。
コストにFLを除外すればそれでアドが稼げてしまうのだ。


A4543_Z1_convert_20120628020911.jpg 《フォーチュンフューチャー》

  通常魔法

 除外されているFL1体を選択して墓地に戻す
 その後、2ドロー


次に効果③の特殊召喚効果。
墓地モンスターを特殊召喚できるというだけで魅力的だが、
FLには特殊召喚をトリガーとしてこれまたアドを稼いでくれるモンスターが存在する


A4496_Z1_convert_20120628020900.jpg 《フォーチュンレディ・ウォーテリー》

  ☆4 水 魔法使い族
  攻撃力 ?/守備力 ?

 ●? = ☆×300
 ●FL共通☆上昇効果
 ●自軍にウォーテリー以外FLが存在する場合の
  特殊召喚成功時、2ドローする。(強制効果)


上記2つでもすばらしいが、まだシナジーがある。
効果④の☆上昇効果。

☆によって攻守が上昇するFLにとっては願ったり叶ったりな効果である。
FLで採用率の高い☆5のダルキーは☆×400の攻守となるので
爆発的な攻撃力が永続的に手に入ってしまうのである。

攻撃力が少し心許無いウォーテリーでも十分なアタッカーとなってしまう。


ネクロの魔道書を使うのであれば自然とグリモの魔道書、テンペルも導入が可能となる。
これによってFLの強力なアタッカーであるダルキーが容易に召喚できるようになった。

A4497_Z1_convert_20120630015409.jpg 《フォーチュンレディ・ダルキー》
 
  ☆5 闇 魔法使い族 攻撃力?/守備力?
 
 ●? = ☆×400
 ●FL共通☆上昇効果
 ●(永続効果)
  FLは「相手モンスターを戦闘破壊し墓地へ送った時、
  墓地のFLを特殊召喚する事ができる。」を得る。


一度でもFLの構築を考えたことのある方ならお判りでしょうが、
攻撃力が?(不確定)なFLをデッキから特殊召喚・サーチする方法は非常に少ない。

一番上の【特徴】でライティから展開するのがセオリーと言ってはいるが、
正直な話、単体ではほぼ何もできないライティを使うためには
それなりのサポートを積んだ専用構築が必須となってしまう。
その為に、立ち回りが難しいし事故もそれなりに多い構成になってしまう。


A10710_Z1_convert_20120630015557.jpg フォーチュンレディ・ライティー
 
  ☆1 光 魔法使い族 攻撃力?/守備力?
 
 ●? = ☆×200
 ●FL共通☆上昇効果
 ●カードの効果でフィールド上から離れた時、
  デッキからFLを特殊召喚する事ができる。(任意効果)

※FLを展開する効果はタイミングを逃す任意効果なので
 フューチャーヴィジョンや強制脱出装置(チェーン1)などで
 補助することが必須。
※以前の早河はワンフーを絡めながらメタ風な構築で運用していた。


それでもライティを使うことがFL達を使う一番手っ取り早い方法だったのだ。
展開できた後のFLの効果は強力だったのでそれなりの見返りもあった。

しかし、ここにテンペル革命有り
魔道書・テンペルの登場によりFLはライティ以外の起点を得た。

察しのいい方ならもうお分かりだろう。

魔導が導入された【FL】では、目の上のたんこぶだったライティや
その専用サポートを積込む必要がない。
つまりダルキーやウォーテリーの美味しい効果だけを使えるようになったのだ。

その分テンペルやネクロ魔導書の発動のために魔導書を入れる必要があるが、
当の魔導書が優秀なので特に弊害にならない。

A26302_Z1_convert_20120630020647.jpg 《グリモの魔導書》

  通常魔法

 デッキからグリモ以外の魔導書をサーチ。
 ※グリモの魔導書は1ターンに1枚しか発動できない

  魔導書サーチカード。
  魔導書をサーチするだけでテンペルの効果が使えるようになる。
  上で紹介しているネクロ魔導書に直結出来る。

 

A26303_Z1_convert_20120630020658.jpg 《ヒュグロの魔導書》

  通常魔法

 自軍の魔法使い族を選択して発動。
 ●エンドフェイズ時まで攻撃力1000↑
 ●戦闘によって敵を破壊した場合、
  デッキから魔導書をサーチ。
 ※ヒュグロの魔導書は1ターンに1枚しか発動できない
  
  擬似的なサーチカードだが、グリモよりも即効性に欠ける。
  ネクロ魔導書をメイン2で使うにも魅力半減。
  
  しかし攻撃力を上げる効果は素出しでは低スペックなFLには嬉しい効果。
  グリモと違い、再びヒュグロをサーチすることもできる。

 

A26305_Z1_convert_20120630020709.jpg 《トーラの魔導書》

  速攻魔法

 自軍の魔法使い族を選択し、1つを選択して発動。
 ●このターン、対象モンスターは魔法の効果を受けない。
 ●このターン、対象モンスターは罠の効果を受けない。
 
  ネクロ魔導書で魔導書を公開する事においてマインドクラッシュというリスクがあるが
  速攻魔法のこのカードであればその限りではない。
 
  ただし、セットしてしまうと公開ができなくなってしまうので
  基本的には自ターンで手札から発動する立ち回りになるだろう。
  
  擬似的に相手の除去魔法罠と1:1交換ができるカードなので
  サイクロンの枠をこのカードに変えてしまうのも手かもしれない。

  ※永続系の魔法罠が突破できなくなるので注意が必要


 
 
さて、スペース的に余裕ができる分デッキの安定化を目指す構築が考えられるようにもなる。
相手への妨害(メタ)を入れるという選択肢もある。
これを革命と言わずして、何と言う。


30日のオフ会までに作成して持っていきたいですね。
タイムリミットまであと12時間切ってますが。。





追記

(∩´∀`)∩Six Samuraiが遂に私の元に届いた~

Picture+72_convert_20120628020941.jpg

米スーのカゲキと狼煙がカッケー!
他にもいいカードがたくさん入っていて嬉しいです。

Picture+73_convert_20120628020953.jpg

日本のストラクチャーにもエキストラつけてくんないかなぁ~
関連記事
スポンサーサイト

| 遊戯王思考 | 2012/06/30 02:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑ | EDIT

テンペル効果でダルキーも行けそうですし、相性いいですね!
とりあえず奈落で!!

| まつきよ | 2012/06/28 08:25 | URL |

ストラク6箱!?www
デモチェ分としても、剛毅ですねwww

| まつきよ | 2012/06/28 08:31 | URL |

ネクロはチェーンサイクさえ気をつければ完全蘇生なのでかなり優秀ですね。
友人はこれにHEROを混ぜてました

| 名無しの思考人 | 2012/06/28 12:26 | URL | ≫ EDIT

毎回参考になりますm(_ _)mこの考えは面白いですね(^_^)魔導はかなりスルーしていたのですが一度真面目に構築を考えてみようかと思います。

| 白猫 | 2012/06/30 12:44 | URL |

魔導FLは面白いですよね~
次のパックのカードでどう補強するかが鍵となりそうですね。

難しいのはテンペルとライティーどっちを採用するか…
テンペルも強いのですがファイリーとかを呼びたくなった時にライティーのほうが強く感じる&カオス要素を入れる際にライティーなら光を補充できるのでいつも迷ってしまいます

墓地にウォーテリーを置いておきたいので封印の黄金櫃→フォーチュンフューチャーで無理やり墓地に送ったりもできるのでなかなかトリッキーなデッキだと思います

| 礼流 | 2012/07/01 19:26 | URL |

参考になりました。ありがとうございます。

| デュエルマスター | 2013/05/02 20:05 | URL |















非公開コメント

http://yugiohmind.blog.fc2.com/tb.php/71-373f9bc0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。